HOME > SCHEDULE > 日向萌 フルートで聴くフランス・ドイツ作品 > プログラムノート(福島公演)

フルートで聴くフランス・ドイツ作品

French & German Flute Works

フルート : 日向萌

ピアノ:加藤直子

Moe Hinata, flute  /  Naoko Kato, piano

2022年7月9日(土) 19時開演

福島市音楽堂 小ホール

 

P. タファネル / 魔弾の射手による幻想曲 (12’)

Paul Taffanel  / Fantaisie sur le Freischütz

H. デュティユー / ソナチネ (9’)

Henri Dutilleux / Sonatine pour flûte et piano

C. ライネッケ / フルートソナタ “ウンディーネ” op.167 (20’)

Carl Reinecke / Flute sonata "Undine" op.167

 

 

 

Program Note

フランス・ボルドー出身のポール・タファネル(Paul Taffanel, 1844-1908)は、パリを中心にフルーティスト、指揮者として活躍したほか、教育にも尽力し、近代フルートのメソッドの確立に大きく貢献しました。自身が1等賞で卒業したパリ音楽院では、没年まで教授を務めました。魔弾の射手による幻想曲は、ドイツロマン派の作曲家ウェーバーの歌劇『魔弾の射手』に基づいています。射撃大会で勝つことを条件に恋人アガーテとの結婚を約束していた狩人のマックスが、射撃の調子を落としているところをライバルのカスパールにつけ込まれ、魔弾を授かります。大会当日、マックスの魔弾は見事にヒットしていきますが、悪魔の思惑で最後の一発はアガーテを捉えます。ところが、アガーテは被っていた白薔薇の花冠に守られ、魔弾はカスパールに命中します。魔弾を使用していたことが知られマックスは追放を命じられますが、森の隠者の計らいにより1年間の猶予の後に結婚が認められることとなり、一同の歓喜とともに幕を閉じます。フルートの特性が最大限に活かされた華麗な一曲にまとめられています。

 

西フランス・アンジェの芸術一家に生まれたアンリ・デュティユー(Henri Dutilleux, 1916-2013)は、パリ音楽院で作曲や対位法、和声、指揮など多岐に渡り学びました。1938年にローマ大賞1等を受賞後、ローマに滞在していましたが、第二次世界大戦をきっかけにフランスに帰国しました。1943年にパリ音楽院の試験曲として作曲されたソナチネは、ドビュッシーやラヴェルの影響が残る作品です。のちに独自の作風を展開していったデュティユー自身は、このソナチネを若年期の駄作としていたようですが、フルートの多様な音の出し方や特徴的なリズムが使われた、フランスのエスプリ溢れる代表的なレパートリーとなっています。

 

 

カール・ライネッケ(Carl Reinecke, 1824-1910)は、ドイツの作曲家、ピアニストです。シューマンやメンデルスゾーン、リストらと交流がありましたが、当時はこれらの作曲家たちの影に隠れあまり広く知られることはありませんでした。1882年に作曲されたフルートソナタ“ウンディーネ”op.167は、彼の残した楽曲の中で最も演奏される機会の多い作品で、ドイツのロマン派作家フリードリヒ・フーケの小説『水妖記(ウンディーネ)』から着想を得ています。水の精ウンディーネと恋に落ちた騎士フルトブラントが、精霊界における禁忌を破ってしまい最終的にウンディーネに殺されるという恋の悲劇が、4楽章を通して描かれています。クラリネットソナタにもアレンジされています。

文 / 日向萌

Profile

日向萌 / Moe Hinata, flute

東京都世田谷区出身。1998年生まれ。5歳よりピアノ、12歳よりフルートを始める。鷗友学園女子高等学校卒業後、18歳でフランスに留学。サン・モール・デ・フォッセ地方音楽院卒業、DEM(音楽研究資格)取得。フォルマシオン・ミュジカルおよび初見演奏を最優秀の成績で修了。2018年よりベルギーに拠点を移し、ブリュッセル王立音楽院卒業。2021年7月に完全帰国。これまでにフルートを故・立花千春、白戸美帆、荒川洋、ミシェル・モラゲス、フィリップ・レズグルグ、ボドワン・ジオ、ピアノを大坪紘子、ソルフェージュを三宅悠太、室内楽をピエール・モラゲス、イゴール・スメノフの各氏に師事。ニース国際音楽アカデミー、ムジークアルプ国際音楽アカデミー、ナンシー国際音楽アカデミーにてヴァンサン・リュカ、フィリップ・ピエルロ、ジャン=マルク・ボワシエール、フィリップ・ベルノルド各氏のマスタークラス修了、修了コンサート出演。2016年第21回KOBE国際音楽コンクール木管楽器B部門第1位、並びに兵庫県教育委員会賞を受賞。2018年クレドール国際コンクール(フランス)第2位。2021年OPUS国際音楽コンクール(ポーランド)第3位、同年第13回Luigi Cerritelli国際音楽コンクール(イタリア)室内楽部門第3位ほかヨーロッパの国際コンクールで入賞。2022年1月東京にてソロリサイタル開催後、ソリスト・室内楽奏者として精力的に演奏活動を展開。

​【使用楽器】パウエル19.5kゴールド

Official site : https://www.moehinata.com

Instagram @moehinata / Twitter @moehinata_flute

 

 

 

加藤直子 / Naoko Kato, piano

 

仙台市出身。宮城県宮城第一高等学校、洗足学園音楽大学ピアノコースを卒業後、ブリュッセル王立音楽院に留学。修士課程を首席で卒業。卒業時にブリュッセル王立音楽院学内コンクールにて第1位を受賞し、同音楽院演奏会にてソリストとしてコンチェルトを演奏。第61回全東北ピアノコンクール第1位並びに文部科学大臣賞、第9回フレッシュ横浜ピアノコンクール大学生S部門金賞、フィリア賞、第10回横浜国際音楽コンクール連弾の部第2位(1位なし)、ピティナ・ピアノ・コンペティショングランミューズDカテゴリー全国決勝大会第2位、第20回国際デュオコンクール 審査員特別賞、第7回Tadini国際ピアノコンクール第1位(イタリア)、第1回Young Euregio Piano Award 2021Dカテゴリー審査員特別賞(ドイツ)、2021 Val Tidone Young Talent Competition 第2位(イタリア)、など国内外のコンクールで多数入賞。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016地上広場キオスク広場公演、カワイ仙台オープニングコンサート、IVy HALLアフターヌーンコンサートなどに出演。これまでにピアノを澤田和歌子、庄司美知子、菅野潤、杉本安子、菊地洋子、ヨハン・シュミットの各氏に師事。現在、仙台中央音楽センターピアノ講師。